神経質で几帳面な人のための髪を増やして育毛する5つの方法とは!?

神経質で几帳面な人が髪を増やして育毛していくために必要な5つの方法をお伝えします。

 

そもそもの髪が薄くなる原因を知る!

 

髪が薄くなってしまうのにも原因があります。
体質的や遺伝によるものの場合、生活習慣の乱れから薄毛に発展した場合、
ストレスなどによるもの、ホルモンバランスの崩れなど病的な場合など。

 

自分がどのようなケースに当てはまるのか、調べてみたことがありますか?
遺伝的なものはどうにもしがたいところはありますが、いずれにしても、
髪の健康に良くないとされるものは取り除くことが望ましいですよね。

 

 

髪が薄くなってしまうような、髪にダメージのあるものは様々あります。
シャンプー剤や整髪料、パーマやカラーリング、ドライヤーの熱など。

 

 

他にも、食生活、睡眠不足、ダイエット、タバコ、アルコールなどがあります。
身体の健康を害するものは、髪にも良くないということがわかりますね。

 

髪増やす育毛マッサージ

 

 

髪を増やす近道として、マッサージも効果的です。
頭皮を刺激すると血行が良くなり、髪と頭皮が健康に保たれるそうです。

 

 

血行が良くなることで毛根が活性化されて、発毛しやすい環境をつくり、
脱毛を防ぐということにもつながりますので、ぜひ試してみたいですね。
この頭皮マッサージの際に注意することは、力を入れすぎないこと、爪を立てないことです。

 

 

爪を立ててしまっては頭皮に傷がつき、脱毛を引き起こすこともあります。
強い力でマッサージするのも同様です。
指の腹や手のひらで、ゆっくりと痛くない力加減で、生え際から頭全体をよくマッサージします。

 

 

また最近では、育毛・発毛用のブラシも売っています。
手でマッサージをすることのほかにも、このようなブラシなどを使ってマッサージをするのも良いと思います。
マッサージの方法やブラシの種類も色々とあるので、自分の合うものを見つけて毎日の習慣にしたいですね。

 

髪増やすための食事

 

髪を増やすためには、生活習慣を正すことも大切で、食事もまさに
そのひとつです。1日の食事をバランスよく摂ること、これが育毛においても大切なことなのです。

 

髪に良い食べ物として、わかめなどの海藻類が良いと言われますがそれらを大量に摂取したからと言って、
髪が増えるかというとそうではありません。

 

髪に必要な栄養素は、まず主成分となっているタンパク質、それを生成するのに必要なヨウ素やビタミン、主にこれらが必要です。

 

 

タンパク質を多く含む食品は、肉、魚、大豆製品、乳製品、卵など。

 

ヨウ素を多く含む食品は、先にも述べた海藻類。

 

ビタミンは、緑黄色野菜や、玄米、胚芽米、柑橘類などです。

 

これらをバランスよくとりながら、食生活の改善も行っていけば抜け毛は減り、育毛にも効果があるはずです。

 

髪増やす睡眠時間

 

髪の成長は、寝ている間に行われます。髪だけでなく、人間に身体は
寝ている間に成長したり、メンテナンスを行います。

 

ですので、睡眠をしっかりとることは、髪や身体の健康に非常に大切なことなのです。
髪を増やすためには、しっかりと睡眠をとることのほかに、睡眠の

 

時間帯も重要です。

 

よく「美肌をつくるゴールデンタイム」として知られる、夜10時〜深夜2時の時間帯の睡眠が、髪の発育にも良いそうです。

 

 

この時間帯は、成長ホルモンの分泌が活発になるため、育毛の効果が表れやすくなると言われています。

 

なるべくこの時間帯には寝るように心がけると同時に、毎日同じ時間帯に寝ることができるよう、規則正しい生活をすることも大切ですね。

 

髪増やすには生活習慣も大切

 

シャンプーや育毛剤ばかりに頼っていても、根本的な生活習慣が乱れていれば髪は増えません。決して安くはない発毛促進のアイテムたちが
全くムダなものになってしまう可能性だってあります。

 

偏った食生活、過度な飲酒など暴飲暴食を繰り返したり、夜更かしや運動不足も髪にはよくありません。

 

もちろん、髪だけでなく健康を害してしまいかねません。
毛髪は、タンパク質、ミネラル、ビタミンなどをバランスよく摂ることで
髪の発育を促します。

 

また、適度な運動を行うことは、余分な脂肪を燃焼させたり、ストレス解消にも効果的で、毛髪にも良いことです。

 

このように、バランスのとれた食事と適度な運動によって、髪や頭皮、身体全体が健康になることで、
抜け毛が減少し、同時に、発毛促進シャンプーや育毛剤の良い効果も現れるはずです。